頭頂部の頭髪に対策して育毛を促す

睡眠をとる女性

年齢を重ねると共に頭髪が薄くなっていくのは自然なことです。
それを理解してはいるものの、いつまでも若々しくありたいと願うのもまた自然な発想です。
薄毛にはいくつかのパターンがあり、大きく前からと上からに分けられます。
つまりおでこが広くなるタイプと、頭頂部から薄くなるタイプで、同時にという人も多いです。

頭頂部の薄毛対策としては、脂質を抑えるなどの食生活の改善と同時に、質の良い睡眠の確保も挙げられます。
睡眠不足は育毛の敵です。
特に注意したいのが、夜の10時から深夜2時までに睡眠をとることです。
育毛に必要な成長ホルモンが多く分泌されると言われるこの時間は、育毛のゴールデンタイムとも呼ばれます。
この時間を有効に使うことが、頭頂部の育毛にも役立ちます。

洗髪も大事です。
毎日行う洗髪はその積み重ねにより、将来大きな差が出る重要な習慣です。
まず1つ目の洗髪時のポイントは、シャンプーをつける前に十分な水量で頭髪や頭皮の表面についた汚れやほこりを洗い流すことです。
その後シャンプーをつけて洗いますが、よく泡立てることが2つ目のポイントです。
ボトルからダイレクトに頭頂部にシャンプーをつける人がいますが、これは最悪です。
デリケートな頭皮にシャンプーの刺激は強すぎます。
よく泡立ててキメ細かい泡を頭に乗せるようにしたいです。

次のポイントはシャンプーの仕方です。汚れを落とそうと意識をしすぎるとゴシゴシ力を入れてしまいがちです。
頭皮はとてもデリケートです。
顔の皮膚の延長と捉え指の腹でやさしく丁寧に洗います。
それが済んだら十分にシャンプーの成分を洗い流して洗髪は完成です。

お風呂上がりの頭皮が柔らかくなっている状態で、マッサージをするのもオススメです。
特に頭頂部は皮膚が硬くなり、育毛の邪魔をしてしまいがちなので、頭皮を柔らかくしていくイメージでやさしくマッサージすると良いです。